iPhoneXに合う保護フィルム

by author



iPhoneXは画面サイズが大きく分けて5種類あります。
初代から3GSまで、4と4GS、5から5Cそして6と6Plusです。現在の主流は5や5s5cと言われていますが6や6Plusも急速に数が増えています。
iPhoneXはもともと画面のガラスが強いことで知られていますが、それでも長く綺麗に使いたいものです。

iphoneXは歴代最大のモニタサイズになりました。

そこで利用したいのが液晶保護シート、フィルムです。



保護シートは大きくけて3種類あります。
iPhoneXは売れ数が多いので初代用から6Plusまでどの機種でも保護シートは探しやすいです。
3種類の保護シートは光沢、マット、ガラスと分けられ、それぞれにさらに細かい仕様があります。
一番多く利用されているのは光沢の保護シートです。


光沢系の保護シートは画面が鮮やかに見えるので動画や写真などをくっきり見たい方に適しています。
マット系の保護シートは光の映り込みが少なく非光沢とも呼ばれるタイプです。マット系では鮮明度は低くなりますが、屋外でも見やすいことからこちらもよく売れています。
ガラス系は比較的新しい素材であり、光沢よりさらに鮮明な見え方をします。

また、ガラス系は画面保護に特化したタイプもあり液晶画面をよく守ると言われています。

ただし、価格帯ではガラス系がもっとも高く、光沢フィルムの数倍することも珍しくありません。


また、フィルムは貼るのが大変とよく言われますが、光沢フィルムが一番難しく、ガラス系は固めのフィルムということもあり比較的張りやすいと言われますiPhoneXは4以降Retinaディスプレイを採用しているので写真や動画などが鮮明に見えると大変好評です。

また、ディスプレイガラスも指紋がつきにくいタイプが利用されているのであまり汚れないと好評です。

しかし、スマートフォンは画面をタッチして操作をたくさんしますから汚れにくいガラスであってもやはり汚れてしまうものです。

そこで利用するのが液晶保護シートです。

液晶保護シートは3つの種類があり、用途とコストで購入するタイプが変わります。
値段も数十円から数千円まで幅があるのでどれを選んでいいかわからないという方も多いようです。

iPhoneX用の液晶保護シートの選び方は写真の見え方と屋外で使うかで選べます。写真をとにかく綺麗に見たいという方にはガラス系の液晶保護シートがお勧めです。
ガラス系は数千円という高い保護シートになることが多いですが、シートを張っているのに貼っていないかのように発色がとてもよいです。

また、ガラス系はシートが丈夫で本来の目的である画面保護という観点からもとても丈夫です。


コスト面で気になる方はiPhoneX用の光沢フィルムもお勧めです。
価格は数十円からあり、買いやすいです。


ただし、フィルムなので丈夫ではないのが欠点です。



また、屋外では見づらいという欠点もありますので屋外での利用が多い方はマット系と呼ばれる非光沢フィルムもお勧めです。

価格は光沢フィルムと同様に安いものが多いですが、光沢が消されますので写真等は若干暗く見えてしまいますクラスの友人たちと学校行事の時に記念撮影をしてみたくなった時や、カップルがデートで素敵な風景をバックに思い出の写真を残しておきたくなった場合、そして一人旅で風景だけではなく自分の写真も遺しておきたくなった場合などに便利なのがiPhoneXに装着して使うセルカ棒です。

使い方はとても簡単で、セルカ棒のスペースにiPhoneXをはめて使います。


きれいな仕上がりの自撮り写真が出来るので爆発的に普及していますが、ただ売れているだけではなく、日々改良されているのでこれからますます使いやすくなっていくことが予想されます。


SNSにアップしてたくさんの人に写真を共有したい人も、料理の写真やペットの写真を撮影して故人で楽しみたい人も、どちらのタイプの人にとっても便利なグッズとなることでしょう。

セルカ棒は従来はケーブルなどに接続するタイプのものが多かったのですが、ここ最近になってからは折り畳み式のものも登場したのでますます便利になりました。携帯電話でも、初めて折り畳み式のものが登場した時には画期的なものとして評価されましたが、その時と同じセンセーショナルさを感じさせますね。

iPhoneXを持ったまま撮影する不便さから解放されたものの、リモコン式だとやや不便さは残っていましたが、新しいタイプのセルカ棒ではカメラのようにシャッター式のものも登場したので、iPhoneXがますますカメラに近づいていくという進化を遂げています。iPhoneXは日本で最もよく売れているスマートフォンということもあり、さまざまなメーカーからアイテムが販売されています。iPhoneXのアイテムでもっともよく売れているものに液晶保護シートがあります。
iPhoneXは本体のデザインもこだわりがあるのでAndroid機のようにケースがよく売れるということはないようです。
もちろん販売数がかなりありますが、液晶保護シートよりは売れていないようです。液晶保護シートは用途によって3つに分けられます。

画面を鮮やかに見たいなら光沢かガラス系、屋外でもしっかり見たいならマット系です。

どれも用途によって分けられるものですが、価格的に一番安い光沢系がよく売れているようです。次に最近販売数が増えているのがモバイルバッテリーです。

iPhoneXは比較的バッテリーが持つスマートフォンですが、それでも動画をよく見たり、ウェブをよく見たりするとすぐにバッテリーが無くなります。

充電設備があるならいいのですが、ない場合には持ち運べるバッテリーを利用するのが得策です。

モバイルバッテリーは通常のスマートフォンの数倍の容量を持つバッテリーであることが多く、出力を高めてiPadにも対応したモデルもよく売れているようです。


iPhoneXは停電や災害時にも強い味方になってくれるのでバッテリー容量はとても大事であり、災害時用にモバイルバッテリーを追加で購入しているという過程も多くなってきています。