ひげ剃りをしたあとのニキビ対策

男性にとって毎朝のひげ剃りは、大事な身だしなみです。

しかし、毎日のシェービングで、いつの間にかニキビが出来てしまうこともあります。清潔感を出すためのひげ剃りをしたのに、ニキビが出来てしまっては台無しです。ひげ剃りをしたあと、なぜニキビが出来やすくなるのかには、シェービングに理由があります。素肌に直接刃物をあてて、ひげはシェービングを行います。気をつけながらお手入れしても、肌にとってはダメージになっています。

小さな傷から雑菌が入り、肌にはニキビが出来てしまいます。しかし肌荒れ防止のために、対策をしていくことができます。ひげ剃りに使用しているカミソリは、定期的に刃を交換するようにしましょう。刃の切れ味が悪いと、それだけ皮膚にも傷をつけやすくなります。これはカミソリだけではなく、電気シェーバーでも気をつけたい点です。毎日使うのがT字の使い捨てカミソリであれば、2週間くらいが寿命と思ってよいでしょう。

目で見てはわからなくても、雑菌が刃の部分に溜まってしまうこともありますから、思い切って交換しましょう。ひげのシェービングは、正しいシェービングを心がけることです。肌への負担を出来るだけ減らすために、ホットタオルなどで肌を温めて、柔らかくしてからひげ剃りに入ると良いです。これだけでも、肌への負担を軽減できます。シェービングの時には、ジェルやクリームを肌に塗布するのも大切です。ヒゲが生えている方向に向けて剃っていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *