ニキビができる原因と対処法

鏡を見て自分の顔にニキビができると、すごくブルーな気持ちになって人に会うのがイヤになってしまいます。

ニキビは思春期でなくてもできることが多く、いろんな原因があるのでよく原因を調べて対策をねるといいでしょう。中学生や高校生を中心にできる思春期ニキビは、皮脂分泌の多い額や眉間、鼻などのTゾーンによくできます。大人になってからできるニキビは、顎などのUゾーンによくできますが、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどが原因になることも多いです。ニキビのできる原因は場所によっても違ってきます。

おでこにできるものは、シャンプーやリンスのすすぎ残しが原因で、前髪の汚れが付着して炎症をおこすこともあるので、髪がおでこにかからないようにしたり、暴飲暴食をやめて食生活を改善することが大事です。鼻にできるものは、鼻を頻繁に触ることで汚れが付着した場合や、ファンデーションや紫外線による刺激で、ターンオーバーが乱れ毛穴がつまったことが原因なこともあります。化粧を薄めにしたり、ナッツ類や甘いものを控えることが大事です。

頬にできるものは、男性ホルモンの影響が強く、男性にできることが多いです。女性の場合は、胃腸が荒れていることが考えられるので、胃腸をしっかり治すことが大事です。口周りにできるものは、胃腸のトラブルやビタミン不足、食べすぎが原因と考えられています。栄養のバランスをしっかりとることや、しっかりと睡眠をとるといいでしょう。
ニキビ治療の口コミならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *