ニキビの種類について

ニキビは、皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりなどによって起こる肌トラブルの1つで、種類があり、皮膚疾患でもあります。

白ニキビは、毛穴の表面が皮脂で詰まってしまい、アクネ菌が増え始めた状態です。小さな白い点のような小さいものなので、注意深く見ないと見落としてしまう程です。黒ニキビは、開いた毛穴から見える皮脂が空気に触れ、酸化して黒くなったものです。鼻などの場合は黒くかなり目立ち、他の場所でもホクロやシミのように見えるので、気づくことがあります。

赤ニキビは、一般的な症状で、毛穴の中でアクネ菌が増殖を繰り返している状態です。炎症が起き、毛穴やその周辺が赤く腫れ上がります。触ると痛みを感じることもあります。黄ニキビは、炎症が悪化して、膿が出来てしまった状態です。アクネ菌がリパーゼという酵素を出し、毛穴内部の組織を破壊し始めます。炎症近くの毛穴にも炎症が広がってしまいます。皮膚の奥にある真皮にもダメージが広がり、治っても表面が陥没してクレーターが出来てしまったり、赤黒く色素沈着を起こしてしまい、跡となって残る可能性が高くなります。

症状によって、ケアの仕方が変わってくるので自己流で治そうとすると、更に悪化してしまうことも考えられる為、皮膚科などで治療を受けることも1つの手段となります。医師のアドバイスを受けることで、正しいケアの方法や生活習慣、ホルモンの乱れなどを改善することもでき、再発防止にも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *