年齢別に見るニキビの違い

ニキビには思春期に発症するものと、大人になってから発症するタイプがあります。

思春期に発症するニキビの特徴は、成長期において皮脂分泌が過剰になることが大きな要因とされています。思春期の代表である10代は体を作るために成長ホルモンの分泌が盛んになります。この成長ホルモンが皮脂腺を刺激することで、皮脂が過剰に分泌されるので毛穴が詰まりやすくなります。するとアクネ菌が繁殖しやすくなるため、ニキビとして顔や背中に現れることになります。大人になってから発症するタイプには、原因を1つに絞れないのが特徴です。

ストレスや疲労など不規則な生活習慣からできるものや、ホルモンバランスの乱れ、間違ったスキンケアによるものなどその原因は多種多様です。特にホルモンバランスの乱れは肌のターンオーバーのサイクルに大きく影響しています。通常の肌は古い角質をそぎ落とし、新しい皮膚細胞に生まれ変わる周期が正しいサイクルで行われています。ホルモンバランスの乱れなどによりこの周期が狂うと、古い角質が肌に残ったままになってしまいます。

その結果、吹き出物やニキビとして肌表面に発生する状態になります。このようにニキビには年齢によってできる原因が異なります。どちらの場合でも有効的なのは正しいスキンケアと生活習慣の見直しです。肌荒れに良いとされるバランスの整った食生活を心掛け、自分の肌に合った基礎化粧品を選ぶようにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *