毛穴を綺麗にしてニキビを防げ

皮脂は肌をバリアするために必要なものです。

しかし、なんらかの原因で皮脂が出すぎてしまうと、毛穴が詰まりやすくなります。毛穴が詰まって皮脂が多くなったのが白ニキビです。さらに詰まった毛穴の中でアクネ菌が暴れだすと、赤ニキビになります。赤ニキビはアクネ菌が皮脂の中で毛穴の根元を攻撃しているような状態です。皮脂を取れば良いならば、徹底的に石鹸で洗えば良いように思います。しかし、洗いすぎはかえって皮脂の上の角質を厚くして、皮脂が外に出にくくさせてしまう原因になります。

洗って皮脂を落としたいと思っても、1日に2回、多くても3回までが限度です。これ以上洗っても対策として効果がないばかりか、かえって症状を悪化させてしまう可能性があります。毛穴をしっかり洗うには、洗う前に毛穴を開いておくのがポイントです。毛穴を開かせるには、蒸しタオルを使うと良いです。軽く絞ったタオルをレンジで温めて、火傷しないように顔にのせます。

20~30秒くらいのせていれば毛穴が開いてくるので、そこで今度は固形石鹸を泡立てて洗顔していきます。固形石鹸は専用の泡立てネットを使うと、きめ細かい泡ができます。それを顔の上に軽くのせて、脂分の多いゾーンから洗っていきます。洗うときには力を入れずに、撫でるくらいの強さでOKです。洗い終わったらしっかりすすいで、石鹸が残らないようにします。あとは清潔なタオルで顔を軽く叩くようにして拭き取れば完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *