ニキビの特徴と原因について

ニキビは、思春期の頃と大人になってからのニキビ(大人ニキビ)では特徴が違います。

思春期の頃は、成長ホルモンのバランスの乱れによりできますが思春期の頃は、どちらかというとスキンケア不足ではなくて、遺伝性から来るものです。できやすい場所はいわゆる顔のTゾーンです。これは、髪の毛がおでこに当たっていたりするのが原因だったりもします。この頃は洗顔をまめにして、髪の毛が顔に触れないなどの工夫さえすれば勝手に治っていくものでした。これに比べて、大人ニキビは、日ごろの生活の乱れからきます。

寝不足であったり、煙草やアルコール摂取、ストレス、脂っこいものに偏った食事などです。思春期の頃は、ニキビができなかった人ででもできます。さらに思春期の頃は、Tゾーンに多くできましたが、大人になってからはUIゾーンにできます。つまりあごやあごのライン、鼻や華下などです。これは放置しておいても治りにくいのが特徴です。日ごろの不摂生を改めて、薬などで治す必要と日ごろのスキンケアをもう一度見直す必要があります。

化粧水や保湿クリームなどを洗顔後をしっかりして、保湿しないとなかなか治らないです。現代社会では忙しくて必要な栄養素などが不足しがちです。野菜なんを意識して食べたいところですが、コンビニなどでサラダを買ってきて食べても野菜というものは調理をして時間が経つとビタミンが減少しています。出来る新鮮な野菜を食べなければいけませんが忙しい時はサプリメントで補うようにしなければいけません。ビタミンBを中心に補給するようにしてください

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *