ニキビでネガティブにならないために

ニキビができても命にかかわる病気ではないため放置してしまったり、洗顔を良く行ったり市販の塗り薬で治るのを待つ人が多いですが、顔中にたくさんできてしまい頻繁に気になったり、顔を他の人に見られることが嫌でネガティブな状況に陥っている人は早めに病院を受診するべきです。

10代から20代はちょっとしたことですぐニキビができやすく、ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多いため、運動をたくさんして汗をかいてもすぐに洗顔できない状況だったり、毛穴のふさがりを放置しているとアクネ菌の繁殖で自然と数が増えてきますし、栄養バランスが悪く肌の再生力が弱まったりすることも要因になります。

薬局などにおいて市販されている薬は消毒薬や消炎剤などが多く、軟膏やクリームなどの塗り薬が大半を占めていますが、病院で診察を受け処方される薬は塗り薬だけでなく飲み薬も多いのが特徴で、体の内側からニキビに対抗できます。ニキビの炎症痕はいつまでも残りやすいですし、何の対策も行わずに自然と治ったものは菌が残っていて再発しやすいため、きちんと対策を行い将来顔に痕がたくさん残ったりしないように対処するべきです。

皮膚科に行くと症状の度合いによって、軽症から重症に合わせた処方を行ってくれます。現在ニキビができていない人も予防をすることは大切で、角質を取り除いたり毛穴がふさがらないようなケアをして清潔に保てるようにするべきです。家族や友達とタオルを共有して使ったりしないことも大切で、菌がうつらないよう自分専用のタオルを用いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *