ニキビを治療するなら睡眠不足を解消しましょう

ニキビを根本的に治療するには、生活習慣を改善しなければいけません。

洗顔料を変えてみたり、塗り薬や飲み薬を服用することも一つの治療法ですが、あくまで対処療法でしかありません。たとえ薬によって治ったとしても、生活習慣が悪いままでは、いつか再びニキビができてしまうでしょう。もし睡眠不足が続いているようなら、それが原因である可能性が高いです。というのも、肌のターンオーバーが行われるのは睡眠中なのです。

睡眠をしているときに成長ホルモンが分泌され、肌の修復が促されてニキビが改善していきます。睡眠不足が続いてしまうと、成長ホルモンが十分に働いてくれなくなるので、傷ついた肌の細胞はそのまま老いていってしまいます。これによって肌の状態が悪化し、ニキビが発生するというわけです。成長ホルモンが多く分泌される時間帯は、睡眠に入ってから3時間後と言われています。そしてターンオーバーの働きが活発になる時刻は、午後10時から深夜2時までの間です。

どうしても睡眠時間を増やせない場合は、ターンオーバーが活発となる時間帯だけでも睡眠をとりましょう。毎日この時間に睡眠を続けることによって、徐々に肌質が改善していくはずです。それと同時に、ニキビも治療されていくと思います。若いうちは睡眠をとらなくても体が動けるので、ついつい睡眠不足になってしまいがちですが、それは肌に非常に悪いことなので、横着することなく睡眠をとりましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *