ニキビが出来やすいなら治療をしよう

思春期の時期は男女共にニキビが出来やすい時期です。

特に、オイリー肌や混合肌のタイプは肌荒れしやすい傾向にあります。皮脂が過剰に分泌してしまうことで、肌の毛穴が詰まりやすくなります。アクネ菌が増えて皮脂を餌にするので肌荒れしやすくなるのです。

小さいニキビであれば、すぐに治るケースが多いので、あまり気にすることはありませんが、大きなニキビが出来てしまう場合は要注意です。また、繰り返し同じ場所に出来たりする場合には、ニキビ跡となって残ってしまう可能性が高くなるので早めに治療をしましょう。

市販のニキビ薬を使うことも良いですが、あまり効果がないと感じるなら美容皮膚科で治療をした方が良いです。薬を処方してもらえたり、ピーリング治療を受けることができます。正常な肌であれば、1か月に1度のペースで新しい肌に生まれ変わります。ターンオーバーが乱れていると、古い角質が溜まっていきます。剥がれるはずの角質がそのまま残っていると、肌荒れやくすみなど肌トラブルに発展してしまいます。

この状態を防ぐ為には、ピーリング治療で古い角質を除去する必要があります。毛穴に詰まった角栓やシミとなって残ってしまった角質を取り除くには、濃度の高いピーリングが良いです。

医師の判断に任せて治療をした方が安全ですので、自分だけでケアをしないで、美容皮膚科へ行くことをお勧めします。自分の判断で化粧品などを使用していると、跡になって残る可能性が高いので要注意です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *