鼻にできるにきびの予防方法

鼻や鼻の周辺にできるにきびに悩んでいる人は多いです。

鼻は、皮脂の分泌量が多い場所で、しかも毛穴の奥が深く、皮脂が溜まりやすいのです。多くの女性はファンデーションを使っているので、ファンデーションの成分が混じって、さらに毛穴が詰まりやすくなるのです。にきびの原因となるアクネ菌は、皮脂をエサにして繁殖します。にきびが悪化すると、赤く腫れあがり、膿を持ち、肌にダメージを与えます。

そして、治った後も色素沈着が残る可能性があるので、にきびができたら、すぐに治すことが大事なのです。思春期の子供は、成長ホルモンの影響で鼻の皮脂量が増えることが多いのですが、大人の場合は、ホルモンバランスの乱れが影響していることが多いです。鼻にきびを予防するためには、皮脂の分泌量を上手にコントロールし、毛穴が詰まらないようにする必要があります。刺激の少ない洗顔料で顔を丁寧に洗ったら、保湿ローションや薬用のアクネローションをつけて水分補給をします。

乾燥すると皮脂が多くなるので、しっかりと保湿することが大事です。頑固な角質がある場合は、ピーリング石鹸などを使って取るといいでしょう。ピーリング石鹸を使った場合は、普段の洗顔の時よりも、保湿化粧品を多めに使うようにして乾燥を防ぎます。また、新陳代謝を高めるためにも、ホルモンバランスを整えるためにも、睡眠は重要です。最近は、ストレスで眠れない人も増えていますが、ハーブティーを飲んだり、アロマテラピーを取り入れると、不眠症の改善が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *