にきびの予防について

にきびの予防には、正しい洗顔をすること。

皮膚に余計な刺激をあたえないようにすること。寝不足にならないようにすること。この三つのことが大事です。先ず、正しい洗顔について説明します。洗顔は、優しく丁寧に。手でこするのではなくて、しっかりと立てた泡で洗うようにします。そうすることで皮膚表面の毛穴がきれいになります。肌には適度な皮脂が分泌されることが大事なのですが、毛穴が汚れで詰まってしまっていると、この、適度な分泌を邪魔してしまい、にきびの原因を作ってしまいます。

回数は朝と晩、一日二回。あまり頻繁に洗うのも、逆に皮脂分泌を過剰にしてしまうことになるので、良くないです。次に、刺激を与えないようにする、ということです。過度な刺激にさらされると、皮膚は表面を保護するために皮脂の分泌を活発にしようとしてしまいます。顔を触ることでも刺激を与えてしまいます。

洗顔のときに皮膚をこすってしまうことも良くありません。髪の毛が額などにかかるのも、刺激を与えてしまうので、良くないです。もしもにきびができてしまった場合でも、化膿したりにきびの痕が残ってしまうことを避けるため、触ったり、つぶしたりしないように気を付けなければいけません。最後に睡眠ですが、寝不足になると、皮膚が脂っぽくなってしまう傾向があるようです。脂っぽい皮膚になってしまうと、毛穴に皮脂がたまりやすくなってしまいます。結果的ににきびが出やすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *