にきび予防には血行を促そう

血行が悪いと細胞に必要な酸素や栄養が届けられなくなるため、老廃物が体に溜まってしまい、肌トラブルの原因になります。

血行が悪くなるとターンオーバーが正常に行われなくなり、古い角質が毛穴に詰まりやすくなるためにきびが出来やすくなります。日頃から運動をあまりしていない方や肩こりなどこりを感じやすい方、冷え性の方など、血行が悪くなっている方は、注意が必要です。にきびが出来やすくて思い当たる節があるという方は、にきび予防のために血行促進を心掛けましょう。

血行を促すには、適度な運動やストレッチなど体を動かしてあげるのが効果的です。動かない時間が長くなると血行が滞りやすくなりますので、座り仕事が多い方などは、合間を見て体を動かすように心掛けましょう。喫煙される方は、タバコが血行不良の原因になるので禁煙をしましょう。食事も血行不良に影響します。糖質が多かったり、脂質が多かったりすると血液がどろどろになってにきびが出来やすくなります。

思いあたる方は食生活も改善しましょう。血行を促すには、リンパマッサージをしたり、湯船に浸かって体を温めたりするのも効果があります。また、ストレスが溜まっている方も血行が悪くなるので注意しましょう。湯船に浸かって血行を促すことがストレス解消に繋がったり、しっかり睡眠をとることがストレス解消に繋がるなど、関連していますので、効果的に活用すると良いです。アロマなどもストレス解消に役立ちますので、入浴剤に工夫するのもオススメです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *