にきび予防になる食べ物

にきびとは、皮膚の炎症性疾患になります。

毛穴に皮脂や古い角質が詰まることによってできる皮膚の疾患で、酷い場合には毛穴が破けて膿が出たり、炎症が広がってしまいます。酷くなってしまった場合、細胞まで傷つけてしまうため跡となってしまいます。このようのにきびを予防するためには、さまざまな方法がありますが、内側からケアする場合には食べ物に気をつける必要があるのです。

にきびに効果的な食べ物としては、強い酸化防止作用によって皮脂の酸化を防ぎ、コラーゲン生成には必要な成分で、にきび跡やクレーターなどを改善することのできるビタミンCは柑橘類やイチゴ、パセリなどに多く含まれています。健康的な肌を保つために必要な成分で、口内炎などの予防にも役立つビタミンB2は乳製品や牛、豚や鶏のレバーが代表的な食材です。タンパク質や脂質の代謝にかかせない栄養としてはビタミンB6が良く、かつおやマグロ、サンマなどの魚類やバナナ、サツマイモなどに含まれます。

また、体内では作り出せないミネラルも重要でひじきやごまなどのほか、のりやかぼちゃに豊富に含まれています。肌の形状を保ったり水分を保持するためにはコラーゲンが重要なため、豚バラや牛すじ肉、鶏軟骨などを意識して食べることもおすすめです。にきびを予防するためには腸内環境を整えるのも重要なため、食物繊維や乳酸菌を積極的に摂取することが良いとされています。これらの食べ物をバランスよく食べることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *