自分で思春期ニキビを治療する

思春期には、誰しも少しはニキビができるものです。

人によっては数えるほどしかできなくて簡単に治ることもあれば、大量に発生してとてもひどいものになり、深刻に悩んでいることもあります。これはホルモンが影響していて、男性ホルモンがたくさん分泌されているほどニキビがたくさん発生する傾向にあります。男の子も女の子もできるのですが、やはり男性ホルモンの影響で男の子のほうがひどくなる傾向にありますね。

しかし、これはホルモンバランスが整って来れば自然に治ってくるものです。そうとわかってはいても、実際にできているとどうしても気になりますし、一刻も早く治療したいですね。思春期ニキビの場合、市販の薬がありますので、これを使って治すことも可能です。この時期皮脂の分泌がとても多くなり、この皮脂をエサにしている菌が繁殖することでニキビが発生するので、市販薬では大抵皮脂を吸い取って乾かすという方式のものが一般的です。

エサが無くなることで菌を淘汰しようということですね。しかし、薬だけ塗っていても勿論よくはなりません。一番大事なのは洗顔で、皮脂や汚れをこまめに洗い落とすことが重要なカギです。ゴシゴシ擦ると刺激を与えて悪化させてしまうことにつながりますから、泡立てネットを使うか、泡タイプの洗顔料で優しく丁寧に洗うようにしましょう。そして、洗った後は薬用のローションなどを付けてしっかり保湿することが大事です。そのうえで市販薬を塗るのが効果的な治療法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *