家庭にあるものでニキビ治療

なぜだかいつもニキビができていて、治ってもまたすぐ同じ場所にできるという方は意外なほどたくさんいます。

あまりにもずっとそこにあるので、慣れてしまって治療を諦めている方も多いでしょう。しかし、家庭にあるものでもしかしたら嫌なニキビを治すことができるかもしれません。何を使うのかというと、お茶なのです。お茶にもいろいろ種類がありますが、ここでは緑茶を使います。緑茶には実はあまり知られていないすごい美肌効果があるのです。まず、緑茶といえばカテキンという名を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これには殺菌作用があり、ニキビの元となる雑菌を退治することができます。この殺菌作用に注目され、緑茶でうがいして風邪予防をしている方も多いようです。そして、ビタミンCも豊富に含まれているので、にきび跡の色素沈着対策にも使えます。使い方としては、まず普通に食後に飲むとよいですね。そして、特にニキビに働きかけが必要なので、スプレーボトルに詰めて患部に吹き付けるのもおすすめです。

コットンにつけて患部をパッティングするのも効果的です。にきび跡につけると美白作用で色素沈着が薄くなることも期待できます。ただ、あくまでも緑茶なので、化粧水代わりにはなりません。吹き付けたりパッティングしたあとは、化粧水と乳液やクリームでしっかり保湿してください。また、早く治したいからとやりすぎるのもいけません。刺激を与えすぎると悪化することもあるので、朝晩二回くらいを目安にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *