体の中からのニキビ治療を

ニキビの治療は何も肌の外側からのスキンケアだけではありません。

それ以上に大切とも言えるのが、体の内側からのケアで、具体的には食生活や睡眠習慣の改善です。食事や睡眠は、肌の健康と大変深い関わりを持っています。肌の細胞は食事から摂取されたたんぱく質などの栄養から作られているため、まずは食事から十分な栄養を摂ることがニキビ改善への欠かせない要素となります。肌は爪などと同じく、たんぱく質が主成分の細胞です。

主原料となるたんぱく質はもちろんのこと、その他にもビタミンやミネラルなどの総合的な栄養がバランスよく摂れていなければ、上手く細胞を合成することができません。食事で気をつけたいのは、単品ではなく様々な食材を食事に盛り込み、各種栄養素がまんべんなく摂れるようにすることです。コンビニ食品やファーストフードなどばかり食べていると特にビタミンやミネラルが不足しやすくなりますので、必ず野菜や果物なども習慣的に食べるように心がけましょう。

また、摂取した栄養は夜眠っている間に細胞へと作り変えられます。食事でしっかりと栄養が摂れていたとしても、睡眠習慣が乱れていれば健康的な肌細胞を作ることはできません。理想的な睡眠時間は7~8時間と言われ、また睡眠の質も大切です。部屋の温度などにも気をつけ、快適に眠れるよう工夫をしてみましょう。これらのことを日常的に意識しながら生活することがニキビ治療への一歩となりますので、生活習慣や食生活が乱れがちという人は改善を目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *