おいしいコーヒーが飲めるカプセルコーヒーの利点

最近はコンビニやスーパーなどいろいろな場所で本格的なコーヒーが飲めるようになりました。

以前は豆を挽いてコーヒーメーカーで作るものがほとんどでしたが、最近急速にカプセルコーヒーが普及し定着しています。これは特殊な密閉されたカプセルの中に一人分の量の挽いたコーヒー豆が封入されたもので、専用のメーカーにセットすればコーヒーが出来上がるようになったものです。従来のコーヒーメーカーより優れている点は豆の鮮度がいいことです。コーヒー豆は空気に触れることで酸化し鮮度が落ちていきます。

この点カプセルコーヒーは真空のカプセルに封入されているので、空気に触れることがありません。ことため鮮度の高い状態でいつでもコーヒーを飲むことができます。また従来のものは、一人分を淹れる時にはコーヒー豆の袋を開封するため残った豆の劣化がさけられず、使用する豆の分量で苦心することがありました。しかしカプセルコーヒーだと一つのカプセルに一人分の量が入っているので、気軽に一人分を淹れることができます。

淹れる時の手間もほとんどありません。カプセルをセットしてボタンを押すだけなので簡単です。またさまざまなバリエーションが楽しめるメーカーが揃っています。淹れる時にまりやかな泡ができエスプレッソができるものやミルクタンクが取り付けられていて、カプチーノやラテが作れるものがあります。手軽にいつでも本格的なコーヒーが飲めるとカプセルコーヒーは急速に普及しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *