カプセルコーヒーの利点と種類

コーヒー豆は乾燥させ乾煎り(焙煎)するので、水分は蒸発し新鮮さは見た目には分かりにくいですが、野菜などと同じ生鮮食品とも言われ、日がたつと酸化して味が悪くなります。

ハンドトリップでお湯を注いだ時、粉のふくらみがいつもより悪かったり、飲んだ時、いつもより酸味や苦味を感じたら、コーヒー豆が酸化している可能性があります。その点カプセルコーヒーは、1杯1杯が密封容器に入っているので、鮮度が高い状態で飲みたいときに飲めます。

このカプセルコーヒーですが、各メーカーさんによって違いがあり、例えば、空気や光から豆を守るアルミニウムのボディを使用したもの、プラスチックボディを開けると、容器に対して豆の量は3分の1しか入っておらず、内側に透明フィルムが豆を覆うようにピッタリと張られ、小さな穴が無数に開いているタイプのもの、プラスチック容器で、フィルターの内側はビニールで覆われ中央部だけビニールがないもの、これはお湯はこの部分を通って中の豆を蒸らして、カプセル全体から抽出するタイプです。

妊婦さんや子どもさんでも飲めるように、ノンカフェインのカプセルコーヒーもあるのは嬉しいです。実際にカプセルコーヒーを飲むためには、コーヒーメーカーが必要となります。これもメーカーさんからいろいろなタイプが出ています、いろいろな種類のコーヒーが楽しめるタイプ、味にとことんこだわったタイプ。私たち消費者は、コーヒーにこだわりたい、いろいろな味を楽しみたい、インテリアとして楽しめるものがいい、などの目的に合ったメーカーさんを選ぶのが大切なポイントだと思います。また、主婦の立場から言えば、掃除などのお手入れが簡単ことも重要なポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *