用途により様々な形状が存在するコーヒーカップ

一口にコーヒーカップと言っても様々な種類があり、同じコーヒーでもカップを変えるだけで味の違いを感じられるという事もあります。

まず一般的なレギュラーコーヒーのコーヒーカップは容量が120から150ml程が主流で取って月のカップにソーサーがついているものが多数となっています。一方のエスプレッソのカップは1杯が30ml程しかないため通常のコーヒーカップと比べて半分程の大きさにとどまるものになります。更にカフェオレにはカフェオレボウルという専用のカップがあり、これは通常のコーヒーカップよりかなり大きく丸い形状で取っ手がついていません。

この他耐熱カップはガラス製ですが熱に強いためアイスでもホットでも使用できる他、横から見てコーヒーやクリームなどの層が見えるアレンジコーヒーに適しています。またカップの形状でも味の感じ方が変わり、ふちが広がらず薄いカップは口当たりの良いまろやかなこくが楽しめる一方で厚みがある場合にはくっきりとしたまろやかなこくが楽しめます。

一方でふちが広がって薄いカップは軽やかでキレのある味わいが楽しめて、厚みがある場合にはしっかりとしたキレのある味わいが楽しめます。このようにふちの薄いカップは口に当たる感覚が繊細なため軽やかな味わいを感じやすくなる一方、ふちが厚いカップでは口にしっかりとカップが当たるためくっきりとした味わいを感じやすくなります。これらは好み次第ですが、ふちの薄いカップは軽やかな酸味のあるコーヒーに、厚いカップはしっかりと苦みのあるコーヒーにそれぞれ適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *