コーヒーメーカーの機能を比較する

コーヒーメーカーには、単純なつくりのものもあれば様々な機能を持つものもあります。購入の際はそれぞれを比較して決めなければいけません。たとえばあるコーヒーメーカーは保温機能がついています。保温機能があれば、いつまでも適温に保つことができます。

せっかく淹れたコーヒーが冷たくなってしまえば、おいしさも半減します。冷めたコーヒーをレンジで温めれば、香りは飛んでしまいますので避けたいものです。気温が低いときは、すぐに冷めてしまいます。それはコーヒーメーカーやマグカップそのものがすでに冷たくなっているからです。

ですからマグカップはあらかじめ温めておくなら、温度を保ちやすくなります。同じようにポット部分もお湯で温めておきましょう。またコーヒーメーカの別の機能は、ミルミキサーがついていることです。ミルミキサーとはコーヒーの粉を粉砕するミキサーのことです。

これなら豆をいつでも粉にできるので、新鮮なコーヒーを淹れることができます。またコーヒーメーカによっては、豆のひき方を調整できるものとそうでないものがあります。かなりこだわりがあると思うなら調整できるコーヒーメーカが適しています。せっかくミルがついているのに、ひき方が好みに合わないなら、使わなくなる可能性もあるからです。

このようにコーヒーメーカには様々な機能がついているものがあり、それによって値段もちがってきます。どんなコーヒーが飲みたいかにより比較して選びましょう。比較ポイントは何を優先させるかです。オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *