コーヒーメーカーを比較するポイント

コーヒーメーカーの比較を行う場合に大切なのは「分類を把握してそれぞれの特徴を理解すること」です。では、コーヒーメーカーにはどのような種類があるのでしょう。「直ドリップ方式」は最も歴史のある種類です。粉末状にしたコーヒー豆の上から湯を注ぎ、フィルターで粉を漉しとる事により抽出を行います。

ハンドドリップやネルドリップと同じ仕組みのため、構造が単純で比較的安価です。フィルターは抽出する度に取り替える使い捨てフィルターを利用する機種と、細かい金属の糸で織られたメタルフィルターを利用する機種があります。前者はその都度フィルターを取り替える必要がありますが本体のメンテナンスに手間が掛からず、後者はフィルターを変える手間が省ける分フィルターの掃除が大切になるという特徴を持ちます。そうした直ドリップ方式と対を成すのが「カプセル抽出方式」です。

コーヒーの種類をカプセルの交換だけで変えることが出来るため、1台のコーヒーメーカーでレギュラーコーヒーからエスプレッソまで抽出することが出来ます。互換性の無いカプセルを使用する都合上、固定メーカーのカプセルしか利用出来ないという欠点も持ちます。しかしコーヒー豆調達の手間や抽出後の手間を完全に省くことが出来、コストが直ドリップ方式に比べて安上がりである点は大きな魅力です。コーヒーにかける事の出来る手間や想定しているランニングコスト、使用状況などにより最適な種類を比較して決定することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *