紙での保管とコピー機レンタルの使い勝手

企業の事務所などには必ず置かれているコピー機ですが、どうしてあれだけ必須のものなのでしょうか。それはいくらパソコンでデジタルデータを扱うようになっても、印刷して承認をもらったり、それをファイリングして保管するという行為がなくならないからです。これは紙資源的にはマイナスに捉えられがちですが、そもそも昔からそうやって資料は保管されてきましたし、データとリアルの二重で保管しておくのはセキュリティ的にも正しいものです。ファイリングのための印刷というものは、もっと他の大量に印刷する作業に比べて微々たるものである事を考えると、紙を大事にする事を考えるならもっと他に節約するところはあるでしょう。

事務所で主に使われるコピー機ですが、外で使う機会というものもなくはありません。町内会のお祭りが開かれた時などを想定してみると、合った方が良いのだと思うのではないでしょうか。コピー機は一台あれば印刷とコピーだけでなくスキャンやFAXまで使えるという優れものです。事務所的な機能を持つところに置いておけば便利ですが、その期間中にしか使わないものは購入するのではなくレンタルが適正と言えます。

レンタルのサービスを行っている会社にお願いすると、意外とどんなところにでも持って来てくれますし、レンタルサービスには輸送と設置もセットになっているのでよほど変なところでない限り設置まで行ってくれるのです。そして撤去も対応してくれるので、外でしばらく使いたい場合にはそういったレンタルサービスを検討してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*