安く印刷物を注文するポイント

会社やイベントなどで印刷物を発注する場合、安く済ませたいところですよね。刷り上りまでの期間、内容と形態、発行数に注意して業者を選ぶようにしましょう。この3つのポイントによって発注先を変えることが印刷発注を安く抑えるポイントということができます。注文の基本的な手順としては、注文、見積もり、データ入稿、印刷、発送という流れになります。

早い段階から取りかかれば見積もり書を見比べることや、希望の紙質や形態を探して会社を選ぶこともできます。逆に時間がない場合は見積もり依頼の時間も無く、どうしても高額になる場合が多くなります。次に、内容と形態ですが、当然ながら白黒などの単色刷りであれば安くなります。そして、パンフレット型かチラシか、によって安い発注先が異なります。

1枚刷りのチラシのようなものであれば、個人経営の会社で安く取り扱っているところがあります。特に、近隣に大学がある場合は、学生向けの格安プランが用意されていることが多くあります。一方で、パンフレット型のものは、大型の機会をもっている大手に発注すると安くなる傾向にあります。ただ、上記2つについては、3つ目のポイントである発行数で条件が変わってくることがあります。

例えば、発行部数が少ないチラシ形態のものであれば、大手会社のほうが安くつくことがあります。大手でも個人経営の会社でも、発行部数が多いほど1枚の単価が安くなる仕組みを採用していますが、最低印刷枚数についての単価は大手のほうが安く設定していることが多くあります。注文する際の状況に合わせて、業者を賢く選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*