コピー機のコスト管理とトナーについて

コピー機を導入するに当たり見積もりを取って比較するのは基本中の基本です。一般的には本体価格に目が行ってしまいがちなのですが、本当に見るべきはランニングコストであると言えるでしょう。コピー機は印刷機でもあるため、使用すればするほどトナーやインクを消費するOA機器なのです。そのためどの程度のコストがかかるのかを把握するためにはそれらの消耗資材の価格を比較することが重要であると言えます。

余程使用量が少なくない限りは、長く使っていれば商法資材が安い業者のものが最も安くなるのが一般的です。そのためトナーやインクなどの消耗資材の価格の比較が最も重要になります。しかし近年ではトナーの販売をせずに印刷した枚数に応じて課金するという仕組みを採用しているケースも増えてきています。この様なカウンタ料金と呼ばれている新しいコピー機のコスト管理は近年注目されています。

このカウンタ料金は紙の大きさや印刷の範囲に関わらずに一定の金額を課金するという仕組みです。丁度コンビニエンスストアに設置されているコピー機を利用している感覚と同じで、一枚当たりの値段で管理をします。そのためA3サイズやべた塗りに近いコピーが多い場合には有利な条件であると言えますが、短文など白っぽいコピーが多くなる場合にはデメリットの多い契約方式であると言えるでしょう。一般にコピー機のトナーは5%印刷d設計されていますので、A4の5%印刷以上の面積の印刷物が多い場合には有利な条件の整っている契約になると言えるでしょう。

コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*