コピー機のコストを下げる方法について

コピー機にはA4サイズを初め、A3サイズ、B5サイズ、B4サイズと言った用紙を利用しているわけですが、最も使用頻度が多いとされるのがA4サイズのコピー用紙です。コピー用紙は消耗品であり、最近は格安で販売しているお店も多くなっており、500枚のコピー用紙が5冊などセットになっているものを購入するオフィスは多いものです。因みに、A4サイズのコピーのコストと言うのはモノクロのコピー機の場合は5円から8円と言います。この金額は1枚であればそれほどのコストではありませんが、コピー機を頻繁に利用する会社にとっては経費が多く掛かることになります。

また、コピー機にはカラー対応機なども有りますが、カラーの場合のコストと言うのはモノクロの10倍ほどの金額になる事からもミスコピーをしないようにしなければなりません。尚、コピー機のコストを下げる方法として言える事は出来る限りコピーは控えると言う事です。と言ってもコピーをしなければ仕事にならないため、これは難しい話になります。最近はパソコンを利用して文書や書類の作成を行い、その文書や書類をプリンターを利用して印刷を行うケースが多いものです。

印刷をした後には関係部署に対して配布するためコピーをとると言うケースが多いわけですが、このコピーを止める事で経費の節減に繋がるのです。すなわち、パソコンで制作した文書や書類は全てプリンターを利用すれば、プリンターの方が1枚当たりのコストが安いため、会社の経費節減に繋がると言う事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*