コピー機のリース料金はランニングコストになる

事業会社でコピー機を使う場合、自前でコピー機を購入したほうがいいのか、それともリースにしたほうがいいのか、悩むところでしょう。なぜ悩むかといえば、それによってかかる経費が変わってくるからです。例えば、資金力に自信のない会社の場合、もしコピー機を導入するとすれば、そのための初期費用が負担としてのしかかることになります。どのグレードの製品を購入するかにもよりますが、もしそれだけで初期費用を大幅に占めるとすれば、会社の運転資金そのものがおぼつかなくなるという事態になりかねません。

したがってこういう場合は、リースという方法も選択肢に入れておかなければなりません。もしリースでコピー機を導入すれば、初期費用は0円ですみます。また、減価償却ための手続も不要、毎月のリース料は会社の経費として計上できるのです。このように、当面のコストについては購入よりリースのほうが負担が軽いといえます。

ただし、当面のコストは軽くなっても、別の面でリースにはデメリットがあります。それは、途中解約ができないということです。契約途中で使用を停止したいと思っても、契約満了までは使い続けなければならず、その点の不自由さがあります。一方で、すでに述べたように、コピー機のリース料はランニングコストとして計上することができ、経費として処理できるメリットがあります。

そして、リースにすれば固定資産税の支払いが必要になることもありません。メリット・デメリットの両方があるので、その両方をよく考えて、ふさわしい選択を行うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*