コピー機のコストと保守契約について

コピー機のコストと言うのは、リースを利用している場合にはリース契約料が主体となりますが、日常業務の中で利用する事で、コピー用紙やトナー代、そして保守費用と言ったコストがかかります。また、電気代も忘れてはならないコストであり、コピー機には様々な費用が必要になるのが特徴です。尚、複雑な機械であり、内部にはローラーなどの回転部分が多いOA機器であり、紙詰まりが起きてしまい、紙が取れなくなった時などは修理の依頼をすることになります。また、コピーを利用している中で、利用者が出来るメンテナンスをしても綺麗にならない場合などではサービスマンを呼んで内部のメンテナンスを依頼するなど、何かと保守費用が掛かることになります。

導入する時は保守契約を結んで、万が一の故障などに備えると言うケースが多いものですが、一言で保守契約と言っても幾つかの種類が有ります。契約の中でも最も安いのがスポット保守と呼ばれるものですが、スポット契約は故障が起きた時の費用となる、部品交換費用、サービスマンの出張費用や修理費用がそのまま必要になるため、月額の費用としては少なくても故障が起きた場合の費用が高額になる恐れがあります。そのため、保守契約ではメンテナンスや修理などを見込んで契約が出来るカウンター契約などを利用する事で、故障が起きた時の費用を節約したり、トナー料金などを安くすることが出来るなどのメリットが有ります。このように、コピー機のコストは保守契約の方法により異なるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*