大量の印刷を依頼するとき

大量に印刷をかけたい場合例えばダイレクトメールなどで同じものを多数に発送したい場合には、印刷業者に任せたほうが費用的にも時間的にもお得です。印刷業者の中には大型の輪転機を有するところもあり、印刷物のデータを示せばあとは印刷から冊子にし、その後の結束、発送まですべてを担ってくれるところがあるからです。事前にデータを渡すときの確認を行い、その後の日程などのスケジュールを最初の契約時に詳細に詰めることになります。段取りなども依頼者側は逐次確認をする必要があるでしょう。

無論、その依頼先の事業者が信用できるところであれば、この確認作業を省略する場合もありますが、始めて依頼をかける場合にはいくら実績がある業者であっても丸投げをするような行為は避けて、逐次確認を行うような慎重さを依頼元には要求されるものです。始めて契約を交わした場合には、依頼先の業者側から現在の進捗情報などが逐次連絡される場合もあります。お互いが始めてなわけですから、総合に慎重に進捗具合を確認し合って話を進めていくことは、双方にとって良いことですし、場合によっては契約変更などがないかどうかを相互に確認する場にもなります。こうした慎重さが商売では時に必要なことですので、何度も依頼しているから大丈夫と思いこまずに、必要に応じて確認をする意識は持つことが大事です。

発送時のトラブルなども起こりやすいので、発送に間に合うように段取りが進められているかどうかは、慎重に対応しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*