草野球チームがプロが使う野球場をレンタルする場合

草野球チームを運営している場合、練習や試合のためにグラウンドを確保しないといけません。ほとんどの場合、市営グラウンドなどの公営で安く使えるグラウンドを使用することになりますが、たとえば年に一回ぐらいしか行わない特別な試合で、プロが使用するドーム球場を使ってみたいという希望が選手から出ることがあるかもしれません。では、プロ野球チームが利用する球場を草野球チームがレンタルできるのかというと、実は可能です。たとえば東京ドームであれば、35万円から55万円程度で2時間と少し、レンタルすることが出来ます。

プロ野球のように9回まで試合をすると、2時間というのは少し少ないかもしれませんが、7回制にすれば充分でしょう。レンタル料金が変わってくるのは、日中と夜、あるいは平日と土日祝日という差です。もっとも安いのは日中の平日のレンタル料金になります。また、オプションになりますが、電光掲示板に選手の名前を表示させることも可能です。

この場合、球場の使用量とは別に14万円かかります。午後10時前に行われる試合であれば、球場アナウンスをつけることが出来ます。アナウンス代は電光掲示板の利用料金に含まれています。応援の人が座れるように観客席は利用できるのかということですが、選手と合わせて50人までであれば全員、グラウンドの中に入ることが出来ますので、50人で収まるのであれば観客席を開放する必要はありません。

もし50人をオーバーする場合は、3万円で100名分、開放させることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*