iPhoneXの液晶保護シートの機能

by author



iPhoneXの液晶保護シートは販売台数が多いこともあり、多数のメーカーからさまざまなタイプが販売されています。

機能面で比較するとまずは光沢、非光沢など見た目の違いがあげられます。
iPhoneXは発色がよい液晶が使われますのでフィルムを貼るからといって光沢が落ちるのは困るという方も多いようです。

また、逆に、室内で使うことが多いのでギラギラするのは困ると非光沢を選ぶ方もいらっしゃいます。
光沢の違いは個人差がかなり出る部分なので要注意です。

次にiPhoneXの保護シートには機能が追加されているタイプが多くなっています。



追加された機能でも特に注目されているのが覗き見防止です。

電車やバスなどたくさんの人がいる中でのiPhoneXの利用は気にせず使いたいものですが、個人的な写真やSNSへの投稿など人に見られたくない場合も多いです。

しかし、iPhoneXの液晶は視野角が広いので横からでも見ようと思わなくても見えてしまいます。


そこで覗き見防止タイプの液晶保護シートが売れてきています。

覗き見防止タイプの保護シートはミラータイプと反射タイプがあります。

どちらも横や上下からの視野が狭くなりますが、普段使っている利用者にはまったく問題となりません。
ただし、寝ながら使うという場合には見づらくなるかもしれないので注意が入ります。



覗き見防止タイプ以外にガラス系ではブルーライトカットタイプも販売されるなど機能追加はまだまだ続くようですiPhoneXは販売台数が多いので多数の保護シートが販売されています。保護シートの種類は大きく分けて2つあります。



1つは安価で一番よく販売されているPET素材の液晶保護シートです。光沢、非光沢が選べるほか、ブルーカット式のシートまで多数販売されています。


PET素材は柔らかく、滑りがよいので購入する方が多いのですが、貼りづらいという欠点があります。

フィルムなので気泡が入りやすいのがネックであり、多少のコツが入ります。

対して、ガラス素材を使った保護シートが注目されています。

ガラス系のiPhoneX液晶保護シートは固いシートが特徴ですが、張りやすいのが魅力的です。

また、ガラス系の素材なのでフィルムに比べてさまざまな機能を追加しやすいことがメリットでもあります。

特に爪が長い方にはシートが強いのでPET系に比べて長持ちするという利点が大きいようです。

iPhoneXの保護シートについては安価なものから高機能高価格なものまで多数販売されていますので機能別、価格別、貼り安さで選ぶことができますが、ガラス系の場合は厚みがかなりありすのでケースを利用する場合にはひっかかりに注意が必要となります。
ガラス系のフィルムはケースと引っかかった際にケースの破損を引き起こすほど強い素材も多いので注意が必要です。


ケースが密着系の場合にはPET素材のフィルムが最適です。

PET系は薄さも特徴であり、つけているのが分からないほど薄い商品が多いです。