iPhoneXと自撮りグッズ

by author



iPhoneXの普及によって、一つの流行として生まれているのが自撮りです。

自撮りとは、海外ではセルフィーと呼ばれていますが、自分の写真を自ら撮影して、SNSにアップロードすることで自分のフォロワーに自分のプライベートで起こったことを紹介してシェアしてもらうことで仲間同士でより交流を深める目的で広まっていきました。

有名人が自身のアカウントでこれを行ったことも流行を広めました。

自分の上げた写真を不特定多数の人に見てもらうわけですから、できるだけ自分の顔をきれいに映したくなるのが人間の真理というものです。
自撮り写真をきれいに撮るためのテクニックやグッズがたくさん登場しました。

自撮り棒やセルカ棒と言われるものもその一つです。
これをうまく使えばiPhoneXできれいな自撮り写真が撮影できるのです。

自分でiPhoneXを持ちながらではアングルなどに限界がありましたが、自撮り用のグッズがあればまるで第三者に協力してもらったかのような、こだわりの写真を撮れるのです。


SNSに上げる場合は、閲覧した人からの反応やコメントが欲しくなるものですが、きれいな写真の方が自分を良く演出できるだけではなく、閲覧した人からもリアクションをもらいやすくなります。


自撮りグッズにもたくさんのものがあるので、自分の使いやすいものや撮影に活用しやすいものを選ぶようにしましょう。

日本でもたくさんの種類のものが比較的容易に手に入りますよ。

iPhoneXを音楽プレーヤーとして利用する方がとても多いです。



ただし、本体についてくるヘッドホンは音楽を聞くにはさみしいという方も多いようです。そのため、各種サードパーティ製、純正ヘッドホンが多数販売されています。



iPhoneX用のヘッドホンは大きく分けて2つに分けられます。


1つはiPhoneXのヘッドホン端子やライトニング端子を利用するタイプです。
ヘッドホン端子はAndroidなどのスマートフォンでも採用されているので幅広い製品が利用できます。iPhoneX用として販売しているタイプの多くがこの方式ですが、専用のアプリを用意して制御するものもあるようです。
2つ目はBluetoothを利用するタイプです。

Bluetoothはスマートフォンだけではなく、PCやカーオーディオでも採用されている万能タイプの無線形式です。
音楽だけではなく、各種データ、制御が可能となります。

ヘッドホンのばあいも聞くだけではなく、iPhoneXの再生、早送りなどの操作ができるタイプが多いです。

ただし、Bluetoothタイプはヘッドホンタイプに比べて音質がどうしても良くないという欠点があったのですが、Bluetoothのバージョンアップによってヘッドホン端子に負けない再生環境を実現してきています。
ヘッドホンは個人差がとても大きな製品でもあるのですが、ヘッドホン端子やBluetoothタイプが用意されていることでベストな一台を選べると大変好評です。